スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランプの研究

ランプをいろいろ調べていたら面白いものを見つけた。
ラジオシティ」と言われる機能だ。

ふむふむ。どうやら光の回り込みを実装してくれるものらしい。
しかも好きなオブジェクト(マテリアル)を光源として使える。
早速実験。
これは。。使える!
かなり綺麗に描写されるし出来上がったものはBake機能にも使える。

方法
・法泉に気をつけながら部屋と小物を配置
・マテリアルを設定する
・オブジェクトモードでAを押してすべて選択
・F5をトントンと数回おして核弾頭マークに移動
・MaxIterrationsを200くらいに設定
・CllectMeshesを押す
・Goを押す
・Add new Meshesを押す(Replaceしたかったらそっちで)

昔紹介したアンビエントオクルージョンはラジオシティの模擬表現だという説明がされていた。
流石に本家はかなり綺麗だということだ・・・


しかーーーーーーーし。
ニコニコ笑っていた私に不幸が訪れる。

あ。。。NormalMap(バンプ)が効いてない・・・・・


使えない。
けど使いたい。葛藤。


そうだ!別の方法で光の回り込みを表現しちゃえ!
ってわけでAO以外に擬似的な表現はないのだろうか?と探したところありました。ありました。


普段使っているLampをAreaにするだけ。


うわ~簡単!でもこれ点光源じゃないよね・・どうやら1方向への光源らしい。
自分で立方体のように並べて使うしかなさそうである。
(いろいろ調べていたら今後実装されるそうだ。今は我慢だね。)
Lamp+AO
lamp+ao.jpg
Areaのみ
area.jpg
Area+AO
area+ao.jpg

う・・・・・・
結局あんまり変わらない?・・・
不本意にも「AOが光源の有無に関わらずどれだけ表現力をもっているか」が証明された。わーい。。


Areaは長方形にもできるので蛍光灯やながーーい光源を作るときに便利だと思う。
覚えておいて損は無いのだろう!


ねよっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。