スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blenderのダイレクトリンク機能

以前の記事でちょっと補足がいりそうなので記事にします。

~Link機能の補足~
以前の紹介した「インダイレクトしたオブジェクトをAlt+Dでリンクしたオブジェクト」を生成すると以下の状況でリンクした先が更新されなくなる

・元のマテリアルの名前を変更する
・元のマテリアルの割り当て数を増やす
・元のオブジェクトの名前を変更する


この問題を解決する方法を調べたが資料が見つからなかった。
そもそもAlt+Dでコピーはリンクコピーなわけだからコピーのコピーもしてくれてよいはずだ。うん。多分。きっと。

Link and Materials のタブを調べてみるとしっかり同じ名前がはいっており複製したわけではないので内容も弄れない(ダイレクトリンクするとこうなる)。
それなのに元のファイルの変更を反映してくれない
こまった・・・


さっそく解決方法:(決定打ではないのであしからず)

マテリアル関係の更新はどうもバグっぽい。
更新が効いていないだけなのでLink and Materialsのタブの選択オブジェクトで、現在選ばれているものをもう一度選び直す・・・
これだけ。
100種類同じコピーが存在する場合でも一箇所選び直せば後は更新されるようだ。


次に、名前を変更してしまった場合だが、これはどうしようもなさそうだ。
というかこれは仕様として当たり前のような気がする。

既存のオブジェクトにCtrl+Jで加えてしまう荒業で対処はできちゃいそう。
それ以外にスムーズに管理したい場合はリンクする際にオブジェクトごとに読み込んでいたところを、Sceneを選択し丸ごとリンクする
そしてそのSceneの中から使いたいものを使用する形をとれば(Ctrl+Lや↑にも出てきたリンクマテリアルタブのところを使ってね)マテリアルやテクスチャを意識することなくリンクを最大限に活かせそうだ。


便利な機能だが少し落とし穴があったようだ、涙。
EmptyObjectを利用したテクスチャ貼り付けなどでマテリアルの修正を行った場合、上記の理解の無いままリンクしていると思わぬところでハマるカもしれない。
ご注意されたし。



ねよっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。