スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンプマップ

XNAでバンプマッピングを実装した。

シェーダをカスタムしている場合テクスチャ関係の受け渡しは自前で行う必要があるのだけれど、パイプラインでテクスチャを渡す処理を作っていなかったのため手間取った。

これを作る前まではモデルと同じ名前のテクスチャを用意しておきDrawのシェーダ設定あたりでテクスチャ渡せばOKだろう~なんて思っていたのだ。
ところが、よく考えると一つのモデルに複数のテクスチャが存在することなんてざらなのだ。

そのことを全く考慮していなかった&Normalマップや高さMAP(これはα値にいれるのが普通らしいのでそうした)などが必要となり管理しきれない状況になってしまったのである。
結局パイプラインに頼ることになった。。便利だけどプログラミングなんかあんまり好きじゃない。

でもなんとかできてよかった!
コードを載せようと思っていたけどあまりに環境依存が強いために皆様の参考になるわけもなく断念。

仕様としてはテクスチャの名前を読み込んだところで語尾に「_n」と付いたものが同じフォルダにあるかチェックする→あったらそれをエフェクトのNormalMapに登録
といった感じ。
バンプマップ実装のために必要なパラメータ(タンジェントとか)をパイプラインから送る作業も実装したのだが、あまりに参考資料が少なくてびっくりした。
いやでも検索するとあの二件に飛ばされるんだろうな、みんな。

偉大な先輩方に感謝しつつプロジェクトを保存っとな。

テクスチャの作業も着々と進行!
ニコニコ動画で「ボブの絵画教室」をみて絵の勉強をした(できてるのか?)
明日もまた見よう。


ねよっと。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。