スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクスチャペイント機能

~Blenderメモ~
・Cを押すとカーソルを注目させた目線に変わる。
・Num[.]だとオブジェクトの中心を注目させた目線に変わる。
・meshタブのCenterNeやCenterCursorでオブジェクトの中心を変えられる(ミラーなので使用する)
・トーンカーブを適用するには32bit画像で保存すること。


テクスチャに3Dで直接書き込むモードがあった。
Bakeと併用するとやばすぎる。

ペイントモードも自分とは相性が良すぎることに気付く。
展開図を見ながらテクスチャをすべて手書きしていた私にとってこれほどありがたい機能は無いのである。
paint.jpg
このテクスチャがものの1分で作れました。(調子のっていったけど多分3分くらいかかってます)

書いては様子を見て、また書いて様子を見て、、の繰り返しがいらないなんて!

これからすべてのテクスチャはこれで作成しようと心に決めた瞬間でした。

それ以外にも、
・二個の画像を重ねて下の画像をぼんやり浮かびあがらせる
・ブラシを自作する
・ペンタブの筆圧で変更させるパラメータを細かく決めれる(濃さ、太さ、ぼかし具合、間隔)
・加算、減算、乗算、選択色以上は濃くならないように、その逆
・α値を直接書き込む
・トーンカーブを自分の好きな曲線で作成できる
・面を利用して描画ポイントにマスクをかける


うん。お絵かきソフトで書くのと全く変わらない。(個人差があると思いますが)
レイヤーは作成できるようですが、どうも使いにくいとのこと。
そもそもレイヤーをほとんど使用せずにCtrl+Zだけで絵を書いている私には余り必要ないのです。

最近C#プログラミングをしていないのでかなり忘れてそうだ・・・


ねよっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。