スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめたばかりのXNA

DirectXの基本的な考え方を知っている状態からXNAを始める人が多いらしく無知の状態からXNA入門書を読んだところで基本の基本で躓くように思える。


いくつか本を購入して進めたものの以下の概念にきちんと触れてくれていないので確認しておくことにします。

~XNAで使われるもの~

meshとは、「頂点バッファ」「インデックスバッファ」「面情報」「属性テーブル」など複数のデータをまとめたもの 私の環境でXファイルを作成した場合、メタセコでいうマテリアルの数だけ用意される。

effectは主にシェーダで使用するものをまとめている ゲームに一つだけ保持、とか、一つのXファイルに一つのエフェクトが用意されていると勘違いしがちだが、meshごとにエフェクトは異なる。

materialとは「材質」を表しRGBや光り方を含んだ情報。



この辺のことが「当たり前」として話されているのだが分かっていない私のような人間が予想でアルゴリズムを構築すると頓珍漢なことをしでかすことになってしまう。
入門者であって入門者でない人の多さが右も左も分からない人の侵入を妨げていることは確かだと思う。


今日はBumpMapの製作をするつもりだったけど明日にすることにした。
NomalMapを作成したはいいけどどうやってシェーダに渡すかを考えていなかったのです・・

コンテントパイプあたりをいじるんだろうな・・・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。