スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UDPのメモだよ

UDPについてメモしたものを記載しておく

UDPは基本的に
・届かなくても仕方ない
・データが途中から壊れていても仕方ない
・送信した順番が逆になっていても仕方ない
・その代わりにリアルタイム性が高いよ

というプロトコルである

相手がいなくてもお構いなしに送信可能
受付側のバッファがいっぱいなら、その後送られてきたものは全部捨てられちゃう
(TCPの場合は送信側に「ちょっと待ってよね!」と言ってくれる)

recvfromrecvは役割はほぼ同じ

recvはソケットの関連付けがなされていないと使えない
上記によりUDPの場合connectによって受信元を設定しないとrecvは使えない
(一般的にUDPはconnectを行わないようだ)


recvfromは返信などに使う情報を得るために第5引数に格納用のソケットアドレス構造体を渡す
recvfromの第4、第5引数をNULLにするとrecvと同義


send、sendtoの関係も似たようなもので、sendはconnectしていないと使えない

アドレス構造体を扱うときの注意
inet_ntoa()関数はinet_ntoaで定義された静的なバッファのアドレスを返すため、呼び出す度に前に持っていた情報は更新される
記憶しておく場合はコピーを忘れずにね!

ねよっと。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。