スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタブとComicStudioと猫ペイント

ペンタブが届きました!
なんかすごいです。猫に小判です。

さっそく付属ソフトを調べてみると、「ComicStudioMini」というのが付いています。
ソフトの内容を調べてみるとプロ仕様ソフトのお手軽版みたいな感じ。
フォトショでいうとこのエレメンツみたいもんですな。
お手軽なのだが必要なとこは抑えているらしく値段の割りにお買い得ってことでこのソフト目的にペンタブを買う人もいるとかなんとか。
漫画は書く気がないので、まったく使えないと思っていたのですが!少し使っているうちに目の色が変わってきました。
実は自分のゲームには西洋風のモチーフをふんだんに盛り込んでいるのですがフリー素材を探すのも一苦労で自分で書けたら楽だなーなんて思っていたのです。
しかしあまり時間がかけられない・・・どうしたものか・・・っとそんなとこにこのソフトの対象定規点対称定規

ビビビっときました

そもそもモチーフは対称図形が多く対称コピーしまくっていたのでした。
そこで作戦スタート!と思いきや早速書き始めて一つの壁にぶつかります。
点対称図形を描いていくと同じ方向に回してコピーしていくのですが、「対称コピーしたものを円形に並べて欲しい」というのが私の目論見。
同じ悩みを持った人がいろんな場所で質問しているようですが回答がありません=多分出来ないのでしょう。

こうなってくると「出来るソフトを探してやる!」と俄然(無駄に)燃えてきます。

いくつくらいDLしたでしょうか・・・多分20くらい試しました。できるソフトはそこそこあるものの「レイヤー自体ないあまりにお粗末なもの」とか「ペンタブを認識してくれないもの」などを切り捨てていくと皆無?!と思っていたときに出会いました
その名も

猫ペイント」ットットット(心の中でエコーをおかけください)

シェアウェアで作者が猫のように気まぐれだそうです。
まさに私好み。


気に入ったのは

・点対称の角度の設定数が半端なく多い
・点対称の中に対象図形を入れられる
・ベクタレイヤを使えばあとから太さなどを変化させられる
・太さを極端に変えても「色の濃さが一緒」「濃さだけ変える」「どっちも変える」の切り替え機能
・色を混ぜるパターンを細かく指定できる
・インターフェイスを自分でカスタムして窓としておける
・なんか軽い
・直感的な操作で動かせる
・安い(2500円くらい)
・ペンのタッチの制御がかなり細かい(自動補正の感じも気に入った)


ってことで即効購入決定。@29日お試し期間があるのに(笑)
コンビニ支払いしてきますよっと。

適当に書いた絵をUP
g1.jpg
こんなモチーフがなんと30秒(実際多分15秒くらいで書いてる)で描けます
マウスでこれを書いていたときは線の太さを変えるのに苦労していたのにペンの力の入れ方だけでこれをカバーできてしまうとは・・・・

ペンタブソフトの講座を見ていて「ソフトがどれだけ良くても絵の上手さは変わりません」って言葉を読んだけどそれは間違いな気がする。
表現する幅が増えれば技法も変わる。そこから生まれるものも変化するように思う。
ソフトに対して求めるものが無くては意味がないのだけれど!

いつまでも環境に貪欲であり続けたいというお話でした。

寝ないけど ねよっと。




あ。今後もモチーフなどなどUPすることがあるかもですが、すべて著作権放棄のフリー素材としますので勝手に弄って使ってください。(使いたい人がいるとは思えませんが一応・・・)
ではでは。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。