スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C4Dのスクリプトでモーションまわりを弄る。

作成したモーションを左右反転させたくなったのだが、キーの接線の自動をOFFにして曲線を使いグニョグニョしていたためにスクリプトを書くことにした。

最初は「軌道を一度スプライン曲線にする機能を使ってそれを反転して、また戻す」というスクリプト作成を試みたのだが、これだと自動を使って保管されてしまうために正確な反転ができなかった。。ぅぅぅう。

結局きちんとデータの中身に触れなければならないようだ。

ということでタイムラインまわりを表示するサンプル

main(doc , op)
{
println("Start:", op->GetName());
var op = doc->GetActiveObject();
var curTime = doc->GetTime();

var t = op->GetFirstCTrack();
if(!t)println("Error");

var i,k,c;

while (t != NULL) {
c = t->GetCurve();
println(t->GetName(), " : KeyCount=",c->GetKeyCount());

for (i = 0; i < c->GetKeyCount(); i++) {
k = c->GetKey(i);
var bt = k->GetTime();
println(i, " : ", k->GetValue()," / "
," 左の時間 : " , k->GetTimeLeft()->GetFrame(doc->GetFps())
," 左の値 : " , k->GetValueLeft()
," 右の時間 : " , k->GetTimeRight()->GetFrame(doc->GetFps())
," 右の値 : " , k->GetValueRight());
}

t = t->GetNext();
}

println("End:", op->GetName());
}


キーを打ってないとトラックすらできていない時があるので注意。

ねよっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。