スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンプレッサーについて

久々に家の奥に埋まっていたコンプレッサーを触る機会があったので記事にしてみた。

コンプレッサ(リミッタ)とは音を圧縮して理想の音域を保ったまま出力するエフェクタの一種である

以下、コンプレッサ系のエフェクタで設定できると思われる項目をまとめてみた

入力レベル(INPUT)
機器の音の入り口のレベル


出力レベル(OUTPUT、GAIN)
機器の音の出口のレベル


スレッショルド(THRESHOLD)
コンプレッサー/リミッターがかかり始めるレベル


レシオ(RATIO)
コンプレッサーのかかり具合
これをMAX(∞)にするとリミッタとして働くことになる
値が高いと音の余韻が少し残る感じに抑えられる
圧縮率が2:1 ~8:1 の比較的低い値の場合は演奏中にボーカリストのマイク距離の差で生じる音の変化を和らげる効果などに使用したりする


アタックタイム(ATTACK)
スレッショルドを超えてからどのくらいで圧縮を開始するかの反応速度
反応が早いと音の頭(アタック音)が死ぬのでフラットな演奏になる
逆に遅くするとタイトさは失わずにコンプをかけることができるが抑える能力自体は弱くなる


リリースタイム(RELEASE)
スレッショルドを下回ったときにどのくらいで圧縮を戻すかの速度
これを短くするといきなりコンプが切れるためどうしても違和感がでてしまう
音の緩急が少ない楽器の場合は自然な長さを十分にとるのが吉


エクスパンドゲート(エキスパンダ、EXPGATE、GATE、ゲートスレッショルドレベル)
演奏していないときに用いるハムやノイズを消すための機能
調整の仕方は大体以下の通り
1:
まずはインプットをぎりぎりまで上げる(最大の音を出したときにPEAKランプがかすかに点灯)
ここで出来るだけ音の幅を大きく取っておくことでゲートを詳細にかけられる

2:
無音状態でゲート値を徐々に上げ、ノイズが聞こえなくなった位置より若干上に設定
3:
ものすごい小さい音で演奏を行い音の余韻に対して不自然なコンプがかかるようならゲートを少しずつ下げる(ノイズは若干増えることになる)




これ以外にコンプのタイミングを任意の入力から切り替えできたり調整できるダイヤルがあったりするが基本的に上記の内容が分かっていれば問題ないと思う。

記事を書いていてブログの方向性がまったく違うことに気付いたけど、消すのも勿体無い。



ねよっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。