スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C#でコレクションを使う。

プログラムににおいて配列の管理は重要であろう。
そんなデータをいろんな形で管理してくれるコレクション。
今回はそのコレクションをまとめてみる。

ArrayList
動的にサイズを変えられる配列。設計時に必要な配列サイズが不明な場合に効果的です。

Hashtable
キーのハッシュ コードに基づいて組成される、キー / 値ペア。検索が必要でもソートは必要ない場合に最適です。

HybridDictionary
コレクションが小さい時は ListDictionary を使い、コレクションが大きくなると Hashtable に切り替えます。

ListDictionary
10 以下のキー / 値ペアを格納する場合に効果的です。

NameValueCollection
キーまたはインデックスでアクセス可能な、関連する String キーおよび String 値のソートしたコレクション。

Queue
Icollectionを実装した、先入れ先出しコレクション。

SortedList
キーでソートされ、キーとインデックスでアクセス可能な、キー / 値ペアのコレクション。

Stack
オブジェクトの、シンプルな後入れ先出しコレクション。

StringCollection
文字列のための、厳密に型指定された配列のリスト。

StringDictionary
オブジェクトよりも文字列として厳密に型指定されたキーを伴う、ハッシュ テーブル。


こうやってみると色々なものが存在する。
コレクションを制するものはプログラムを制する!わけでもない。


ねよっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。