スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

擬似HDR?

モーションや装備が進んでないのになぜかシェーダ周りを先に弄りたくなってしまう。
困ったものです。

重いと分かっていてもHDR系を取り入れたくなっちゃう!というXNA住人は多いはず!
実際参考記事も結構多い?です。
処理は結構簡単に作れるものの、最終的にどの色合いまでぼかしてどうMIXするのか?というところまで触れているサイトが無いものです。

そもそも色の作り方を勉強しないとどうやって混ぜていいかも分かりません。
とりあえず適当にフォトショの色のところの0~255を見ながらどういう計算をしたらどういう色に近づくのか?というものを研究しながら第一弾を作成。

シャドウマップ作成

HDR用ブルーム画像を作成、影の有無をα値にいれる

上の画像をぼかす(影も同時にぼける)

通常レンダリング

欲しい情報を混ぜながら最終書き出し


という流れで落ち着いた。
ぼかしの方法は以前載せたガウスのシェーダは捨て、その後に載せていたサンプラを使用したこぼかしの方法を採用することでFPSが安定した。

視差バンプが納得のいく状態になったらシェーダ周りは一段落させ、モーションまわりに移ろうと思う。

そういえばメタセコでモデリングしていたのだが、Blenderに移ることにした。
Blenderのモーション作成の柔軟性に惹かれたのがきっかけなのだが、「どうせ使えるようになるならモデリングもそっちでやりたい!」というのが流れである。
時代はXSI!という風潮は感じるのだけれど、

「よく落ちる」(改善された)
「うちのセキュリティーソフトと相性が悪いらしい」(改善された)
「増築してボタンいれるところがなくなってきましたインターフェイスが気にいらない」
「要するにインターフェイスに統一性、設計力が感じられない」
「フリーなのか中規模ソフトなのかプロ用ソフトなのか曖昧」(AutoDeskに買収されて完全にプロ用になった)


とまぁ、よーするに生理的になんかやなのである。(そうでも無くなった)
()内は1年以上あとに訂正しました。


XSIはさておき、Blenderは独特のインターフェイスに以前挫折したのだが、使い込んでいくと納得の配置に感心する。
もともとハイエンドユーザーをターゲットに作られているのであろうと思う。
日本語化しなければ今のこと落ちることもない。
そのうちモデルも載せていきたいな!

ってことで
ねよっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。