スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイクの謎

最近気づいたことがある。
Blenderでスペキュラがベイクされていないのである。

反射はそもそも目線と光と法線の関係で計算されるわけだからベイクの性質を考えると混ぜたくなかったのも頷ける。
とはいうものの金属マテリアルをベイクしたいと考えたときに不便なことがおきてしまう。

そこでNodeを使って強制的にスペキュラをカラーに入れることにする。
metal2.jpg
このような面倒な配線?になる・・・

実際ベイクしたテクスチャをオブジェクトモードで表示させた画像がこちら
metal.jpg

こうしてみるとまだ何か足りない要素がありそうだ・・・
FullRenderというボタンがあるのだから本当にそのまま焼きこんでほしいものだ。
ベイクシステム的には目線の位置が欲しかったりその位置から見えない部分の処理が曖昧になることはわかるんですけどね・・・・そういう曖昧なところをザ~っと線で繋いでくれるのもBlenderの良いところ。
将来のアップデートに期待しておきましょう。

ねよっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。