スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にキャラクターモデリング

キャラクターの体を作った。
モーションやリグのことを考えながら作成してみた。

Cinema4dで実力8割り増し。
c4dmodel.jpg

未完成なのにUP!

早く動かしたいよぉ~。

ねよっと。
スポンサーサイト

リグの作成

Cinema4Dでリグを作成開始。
ついてきたチュートリアルビデオで5時間もモーションについて説明している。

ただし英語かフランス語

Blenderのせいもあるだろうが最近、動画なら英語でも気にならなくなってきた。成長だ。
どうせ日本語でも何を言っているのか良く分からないのだ。変わらんわい!わっはっは。

動画の内容はリギングのことが8割。
リグの作成は苦手だったので大変ためになった。
そしてMoccaモジュール恐るべし。

付属していたリグもなかなかいい感じだ。(といっても自分好みにしないとそのまま使えるものではないかも)
c4drig.jpg

絵の右側にある図がビジュアルなんちゃらという機能なのだが、アイコンをクリックするとその部位のコントローラーを選択してくれる。選択が終わった際に「移動モードにする」、とか「回転モードにする」、見たいのも設定できる。
地味だけどこういう機能が充実しているのは助かる。

モーションをBVHから取り込んでリグを使って修正したいのだがそのワークフローが見えてこない。
まだまだ分からないことだらけなので調べながらになりそう。

心配していた
「IKやコンストレイント、エクスプレッション」などのC4Dの独自の機能でジョイント(ボーン)を制御したモーションをゲーム用のFBXに吐き出せるか?
という問題はいとも簡単にクリアしてしまった。
あっという間にモーションをベイクして書き出しできてしまい拍子抜け。

それ以外にも今日知っただけでもこれだけの驚きが。
・BVHのデータはキーがフレームごとに打ってあって、編集には不向き。そんなデータをできるだけ壊さないように自動的に減らしてくれる機能がある。
・マウスでリアルタイムに動かしたモーションを保存できる機能が!
・形や大きさの違うボーン(ジョイント)にモーションを割り当てができる(構造か名前を揃えていればOK)
・IKを付けて影響度のポール作成するまでの手順が4回クリックするだけって・・・

他にもまだまだありそうなのでじっくりつかってみるのであった!



ってことでねよっと。
プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。