スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードディスクごとにOSを変える

ハードディスクごとにOSをインストール

EasyBSDにてブート時に切り替えを選択するようにした

すべてのハードディスクを外付けにした

問題発生

sata1に繋いでいたハードの電源が入っているときは問題なく動くのに、別のハードだけONにして立ち上げるとエラーがでてOSが立ち上がらなくなってしまった。
OSインストール時に他のハードの電源を入れてると紐付けされちゃうんだよねぇ。

せっかく入れたのにインストールしなおすのも面倒なのでゴソゴソやってみた。
以下、あれこれやったときのメモ

とりあえず、修復CDを入れても自動では直してくれなかった。
そこで修復CDを使ってコマンドプロントを立ち上げてから以下のコマンドを入れていく
diskpart
list disk」でOSのディスクをチェック
select disk 番号(↑で調べた数値)」
list partitiion」でプライマリパーティションを調べる
select partition 番号(↑で調べた番号)」
active
exit

次にmbrを設定しなおす
bootrec/fixboot
bootrec/fixmbr

これで再起動を掛ける

まだだめ・・・だけど修復CDにエラーの名前がでるようになった!

CDを使って自動修復を試す

まだだめ・・・・・修復CDでまた違う表示になっていたのでもう一度修復

ついに立ち上がるようになった!


これで必要なOSのハードディスクの電源をいれてPCのスイッチを入れるだけで切り替えができる環境になった。
すべて外付けHDDなので使わないハードの電源をOFFにできるのが気にいっている。

マウントもされず遮断できるのでセキュリティ的にも強いし、PC内温度、消費電力、メンテナンス、音、どの方面からみても優秀だ。


デュアルブートを覚えたてのころは同じハードディスクに二台のOSをよくいれていたけど、正直あまりお勧めではない。
理由は
・片方のOSの調子が悪くなったときインストールにひやひや
・パーティションの管理がなにかと面倒
・相方OSのデータが丸見えなので片方だけセキュリティが弱いとかできない
・HDDがだめになるのが早い気がする(当社比だぞ 根拠皆無)

とまぁ、いつものごとくただの主観



ねよっと。

スポンサーサイト

ずっと書いてなかった!

毎日製作はしていたんだけどブログを書いてなかった!
明日からまた頑張って書き始めようと思います。

最近はモーションまわりをしっかり作っていた。TPSになる予定。

以下を実装した
・キャラクターが見ている方向を向く(高さも考慮して腰のボーンが変形する)
・下半身と上半身で別のモーションを適用する
・武器が変わるとモーションが変わる
・上半身と下半身がそれぞれ別モーションに移行するときブレンドを行う
・モーション推移の時間をモーションごとに設定できるようにする
・モーションの再生FPSをモーションごとに設定できるようにする(後で調整が楽)
・作るモーションをできるだけ少なくする設計にする
・アイテム用のボーンを用意する
・スケールを扱わないので行列ではなくVec3+クォータニオンを利用する
・ローカル変形情報まではCPUで行いそれ以降はGPU


恐らく動いている。
がんばった。

ねよっと。

fc2ブログで折りたたみの表示





↑のような折りたたみをさせる場合のメモ

まず環境設定の中にある「テンプレートの設定」のHTML編集のHeadの中に


<script type="text/javascript">
<!--
function showPlagin(idno){
pc = ('PlagClose' + (idno));
po = ('PlagOpen' + (idno));
if( document.getElementById(pc).style.display == "none" ) {
document.getElementById(pc).style.display = "block";
document.getElementById(po).style.display = "none";
}
else {
document.getElementById(pc).style.display = "none";
document.getElementById(po).style.display = "block";
}
}
//-->

</script>
をコピペ。

記事の部分に

<div id="PlagOpen1">
<input type="button" onclick="showPlagin(1);return false;" value="押すと内容のリンクが出る" />
</div>
<div id="PlagClose1" style="display: none">
<input type="button" onclick="showPlagin(1);return false;" value="閉じる" />
折りたたみの内容
折りたたみの内容
折りたたみの内容
</div>


と記述してやることで出来上がり
ページ内でいくつも設置するときは記事のほうの数字(4箇所)を増やしていけばいくつでも置けるみたい

ねよっと。

Cinema4Dこんにちわ。

以前も話していたソフトだが、ついに購入に踏み切った。
そして届いた!!

c4d.jpg

携帯の画質悪っ!

使い方は主にアニメーション作成用途で3Dソフトを探し回った。
価格を含めかなり迷った。

ほとんどの体験版を使いまわって結論を出した。
C4Dは内部では独自機構でモーション作成ができる(楽にできる)のにそれをFBXでしっかり吐き出せるのが決め手だった。
サポートに細かいことを問い合わせたら説明+わざわざFBXファイルまで添付してくれる親切さ。ありがたや。

モデリングはmodoが使いやすかった。けどモーション機能が無いのが残念。
C4Dは全部揃えると70万くらいするのかな・・・(割引なしだと)
それをハイエンドソフトに関わらずバラで売ってくれているのも魅力の一つ。
統合3Dソフトにおいてゲーム製作では必要の無い機能が多すぎる!買わなきゃ使えないからスッキリするしね。
念願のBodyPaintもそのまま使える嬉しさ。

そんなわけでBlenderとは長い付き合いだったけど少し離れることになりそう。
物理演算以外はほとんどわかるんじゃね!ってくらい使い倒した気がする。無料なのに。
感想としては
・日本後化しなければまず落ちない。
・プラグインも含めると出来ないことは少ないと思う。(速度的な不利はあると思う)
・キー配置が変えられるようになるらしいので弱点が補強されそう。
・内部命令がすべてモジュール化されプログラムから触れるようになるらしいのでこれまたプラグインが活性化しそう。
・エクスポーター周りの安定性が弱い気がする。
・個人的にお世話になったソフトなので発展を祈るばかりである。


ありがとうBlender。
さようならBlender。



ねよっと。

USBメモリをCDのように使う!

Linuxのインストールをしていて「今更外付けCDってどうなんだろう?・・・」と思い出した。
まてよ。USBブートできるわけだしUSBをCDだと思わせればいいわけだよな~と興味をもちやってみました。

結論:できました。

やり方:
ここでunetbootin-windows-408をダウンロード。
・ISOファイルを用意。
・PCにUSBメモリを差し込む。
・UNetbootinを起動。
・真ん中の「Diskimage」 で「ISO」を選択。右にisoのパスを入力
・一番下の「Type」が「USB Drive」になっているか確認
・一番下の「Drive」で書き込むメモリの差し込んであるドライブを選択
・右下の「OK」を押す
・お菓子をむさぼり、待つ


さっそくOSインストール!おぉ、何の問題も無く動きます。
4GのUSBメモリが900円の時代です。知っていると何かと便利かもしれません。

ちなみにUbuntuServer9.10は上記のものをそのままインストールできました。(最初の画面でinstallを選択)
debianでやってみたところCDドライブを探す画面がでてきちゃいます。
手動で設定する画面を出せたので/dev/sdaとか/dev/sdbなど入れると進めるかもしれませんが、環境によるでしょう。未検証。

OS(でぃすとりびゅーじょん?)はUbuntuServerからDebianになるかもしれない。
Debianは触ってみてとても使いやすい。なんというか「素直
もう少し細かい感想は明日にでも書きます。


ねよっと。
プロフィール

あしゅ

Author:あしゅ
ぷぃぷぃ日常。
いつのまにか雑記ブログに。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。